2018-01-14

店内のシーサーたち



店内には、いろーんなシーサーがいます。

戌年のためでしょうか、獅子・シーサーをお探しのお客様が時折いらっしゃいます。

上の写真は、大海陽一さんのシーサー。

犬を飼っていらっしゃるそうで、どことなく似ている気がします。


同じく大海陽一さんの、面獅子。

壁などにかけられるようになっています。


全身の立体感が、とてもリアルで厳かな壁掛け獅子もあります。

どれも1点限りの獅子たちです。


ちむどぅん窯さんのシーサー。

くりっとした目が印象的です。


湧田陶器さんの毛手巻きシーサー。

ぐるぐる巻いたこまかく白い毛が、神聖な雰囲気をだしています。


佐久間栄さんのシーサー。

前へ直進しかできないという「マジムン」をはらうために

丁字路などによくおかれている石敢當を抱えています。


ギフトでもとても人気な、だるま獅子。

高江洲陶器さんのシーサーです。


コアなファンが多い、スタジオde-jinさんの石獅子。

  現在でも集落でひっそり佇んでいる石獅子。

シーサーのルーツとも言われています。

ここ南風原町にもいろいろな石獅子がいます。

一部ですが、今回は店内にいるシーサー達をご紹介してみました^^

他のシーサー達も後日またご紹介します!


--------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------

0 件のコメント:

コメントを投稿