2018-04-08

【 楽尚さんの革 縫い体験 】



昨日は「革職人のアトリエショップ 楽尚 の出張展示販売」の特別企画
革縫い体験の日でした。

ゆいまーる沖縄本店では、革製品を扱うのが初めてで
体験ワークショップも
私たちも楽尚さんも初めての取り組みでした。

トップの写真は参加者さんの作業の様子。
足踏み腕ミシンでご自分の名刺入れ縫っているところです。


楽尚の林さんの導きのもと、革にゆっくり糸を這わせます。

足踏み腕ミシンはずっしりとしてレトロな雰囲気。

「足踏みミシンは、昔おばぁが持っていた」

というお客様が何名かいらっしゃいました。



わたくし嘉陽も、祖父母の家で過ごすときに

祖母の足踏みミシンの足元のところに入り込んで、

ゆりかごみたいに揺らして遊んでいたことを思い出しました。

あの時はまだ4~5歳くらいで、

ミシンの足元の空間のところにすっぽり収まって

気がすむまでひたすら揺れて遊んだ記憶があります。



幼い記憶の中では

足踏みミシンが縫うことに使われる場面は見れませんでしたが

今なお足踏みミシンを使って

電機音の無い優しい音で

縫いをしている職人さんがいるなんて、素敵ですね。



さて実際の体験のほうは。




印鑑ケース、ペンケース、iphoneケースなど

いろいろなサイズの端切れから1つ選んで作成します。

縫い付けが終わったら、エンボス加工や穴あけで装飾



ご夫婦で参加された方もいて

共同作業で進めています。

革に飾り穴をあけているところ。


ご自分の誕生日にということで

こだわりの名刺入れを作成した方も。


今回は四角い端切れを活用したワークショップでしたが

参加者さんたちの様子を見ていると

工夫やこだわりが想像を超えます。

次の企画をどんなふうにしようか。

楽尚の林さんとさっそく相談中です。


次の企画を、ぜひお楽しみに。


-------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------


0 件のコメント:

コメントを投稿