2018-04-08

【 楽尚さんの革 縫い体験 】



昨日は「革職人のアトリエショップ 楽尚 の出張展示販売」の特別企画
革縫い体験の日でした。

ゆいまーる沖縄本店では、革製品を扱うのが初めてで
体験ワークショップも
私たちも楽尚さんも初めての取り組みでした。

トップの写真は参加者さんの作業の様子。
足踏み腕ミシンでご自分の名刺入れ縫っているところです。


楽尚の林さんの導きのもと、革にゆっくり糸を這わせます。

足踏み腕ミシンはずっしりとしてレトロな雰囲気。

「足踏みミシンは、昔おばぁが持っていた」

というお客様が何名かいらっしゃいました。



わたくし嘉陽も、祖父母の家で過ごすときに

祖母の足踏みミシンの足元のところに入り込んで、

ゆりかごみたいに揺らして遊んでいたことを思い出しました。

あの時はまだ4~5歳くらいで、

ミシンの足元の空間のところにすっぽり収まって

気がすむまでひたすら揺れて遊んだ記憶があります。



幼い記憶の中では

足踏みミシンが縫うことに使われる場面は見れませんでしたが

今なお足踏みミシンを使って

電機音の無い優しい音で

縫いをしている職人さんがいるなんて、素敵ですね。



さて実際の体験のほうは。




印鑑ケース、ペンケース、iphoneケースなど

いろいろなサイズの端切れから1つ選んで作成します。

縫い付けが終わったら、エンボス加工や穴あけで装飾



ご夫婦で参加された方もいて

共同作業で進めています。

革に飾り穴をあけているところ。


ご自分の誕生日にということで

こだわりの名刺入れを作成した方も。


今回は四角い端切れを活用したワークショップでしたが

参加者さんたちの様子を見ていると

工夫やこだわりが想像を超えます。

次の企画をどんなふうにしようか。

楽尚の林さんとさっそく相談中です。


次の企画を、ぜひお楽しみに。


-------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------


2018-04-01

【 沖縄の染物や織物のこと:事業調査報告会①質疑応答 】



去った2018年3月9日

ゆいまーる沖縄は染織物の調査事業について

報告会を実施しました



事業の正式名称は

平成29 年度知財活用による商品開発主導型の産業振興モデル構築に向けた調査事業

(地域団体商標を取得した伝統的工芸品(染織物)ブランド構築促進支援)

です



おもな内容としては、沖縄の染織物の流通の実態についてです

生産量や生産額、生産者数の推移

流通価格や、流通の仕組み、新しい流通の事例

現状の課題と、それに対する今後必要な動き

そういった報告と提案が主な内容でした



前半は代表鈴木からの報告

後半は、調査事業などを通して出会った

素晴らしい方々をゲストにパネルディスカッション


山梨県産業技術センター 繊維技術部 主任研究員 五十嵐哲也氏


山本きもの工房株式会社 代表 山本秀司氏


丸正織物工房 大城幸司氏


限られた時間の中で

多くの大切なことを語ってくださいました

今回のブログでは、まず

会の最後にあった質疑応答の部分を掲載します

会場からの質問と、それに対するゲストの回答です



質問1:沖縄の染織りを生地として世界へ輸出することの可能性についてどう思うか。

回答1:五十嵐氏
元々日本の織物は海外に輸出して資金を稼ぐ産業だった。山梨もかつては問屋を介して多く輸出をしていた。特にオイルショック以降は無くなっていく。今はそれが再び復活し、直接取引している。アジア諸国にも門戸が開いたのが4年前。それを機会に進出し、オリジナリティを発揮するようになっている。今までの和服を販売するだけよりも、可能性は広がる。

回答1:事務局
小倉織は海外展開をしている。築城さんという方の手織りのデザインを機械織りに反映している。広幅にして現地に対応している。何度か海外出展をして現在の取引をつかんでいる。



質問2:ひとりで仕事の広がりを持つ、生産性を上げるにはどのようなやり方があるか。

回答2:大城氏
現場を見ていないのでわからないが。自分の例をいえば、最近やっと自分の好きなものが作れるようになった。当初は利益が小さいものも地道に作っていた。儲からない商品がうちの主力でもある。カベは全然利益率が悪いけれども、そこを大事にしているところはある。日本全国にはここにしかないカベ生地だから。そうすると、これを目当てに来てくれた方が他も選んでくれたりする。

回答2:事務局
月収入5万〜6万だった個人経営の工房さんがいた。でも出荷単価を2倍にしたことで、収入が2~2.5倍になり、収入が増えて時間の余裕も生まれて、今では1人雇って存続している。出荷単価を上げるのは、今回の調査を通しても必須事項ではないかと現時点では考える。



***ここからは会場の雰囲気をお伝えしたく、お話をなるべくそのまま文字に起こしています***



質問3:お客様を喜ばせるというのはどういうことか。具体例を教えてほしい。

回答3:山本氏
格言に、目の前の一人というのがある。とかく、ビジョンを大きくしたり目標数字などを立てると、そこに向かっていろいろなものが雑になりやすい。ですが僕がやっている仕事というのは、どんな人でも目の前に現れたら、今の自分の全力をその人に注ぎます。他のこと一切考えません。とにかくその人に寄り添う。なんでも聞いてあげる。で、先生とか社長とかいろいろ言われたりするんですが、時間などを惜しまず、とにかくこの人は何を求めてて何をしてほしいのかということをとことん聞きます。そうしてものづくりに入って行くんですね、そうすると、結果的にお客さんのことがよく入っていきますから、オリジナル性であったり、希少性であったり、デザイン性ですね。価格も研究していけば抑えられるかもわからない。とにかく、その人に自分のエゴを出さずに、地道に誠心誠意やっていけばですね、そんな技法を考えることなく、非常に喜ばれるんですね。こんなこと、経験したことがないくらい喜んでもらえますから、これはリピートになります。ですから、手法考えずに、そういうことをまず第一にやっていったほうが簡単です。


質問4:生産者、業界の関係者の思いやビジョンをもの語れる場はどうやって作っていけるか。

回答4:五十嵐氏
今日話した2事例の他に、ブログをやっています。お役所でブログを、特に試験場でやっているところはあまりないと思う。それはものがたれるかというのは、私が代弁して作り手さんたちはこんな考えであることなどを発信できると。それをブログという形で。もう一つは、産地訪問バスツアーというのを、もうかれこれ7年間やっています。東京新宿からバスで1時間半くらいなんですが、これ新宿まで迎えに行って、でバスの中でちょっと産地のお話をしながら。で、やはり機屋さんが一番力を発揮できるのは生産の現場なので、その現場の魅力と合わせて、ここ僕がこうやっているというのを語るのが一番伝わると思うので。

鈴木)バスツアー、年3回。思いとか語ってもらって、あとはどういうプログラムなんですか。
五十嵐)販売して
鈴木)懇親会、飲み会
五十嵐)も、開催して。笑
鈴木)なるほど。笑
五十嵐)山梨大好きになって帰ってもらう。
鈴木)ま来てもらうってことですね、もう。
五十嵐)はい。
小売店さんもいれば、百貨店さんの企画の方がいたり。各工房をまわって、思いとかいろいろ語ってもらって。飲み会もして、大好きになって帰ってもらう。来てもらうということ。

回答4:大城氏
NUNUSAAAは月1スカイプ会議があり、その会議のあとに食事行こうかとかやるんですけど。僕が最初入って、ん、と思ったのは横のつながりがなかったんですよ。近くの先輩から先に飲みに行きましょうよって誘って、少しずつ増やしていろんな人と意見交換しながら、できるのはやってて。若手って言われているメンバーで、自分たちでやるんだくらいの覚悟を、僕ら持っとかないといけないよねーっていう、足りないものを覚悟なんだろうなみたいな話をする場ってけっこう、月1で飲んだりという場はありますし。
さっきのツアーの話でいうと、最初売れないねーっていうときに、何もアクションしなかったんじゃなくて、絣ロードいうのが南風原はあったので、じゃあ作っている現場を見てもらおうと思って。絣ロードツアーというのを企画して、最初は絣ロード盛り上げ隊というのを結成したんですよね。それで最初は清掃して、それ、それで観光協会が立ち上がって、工房ツアーというのを組んでもらって、かれこれもう5年くらいなるんですけど、まぁそこでツアーに来てくれた方と縁が繋がってお仕事に発展したということもありますし、やっぱりこういう場っていうのは必要なのかなぁというか。僕らが行くというのもあるんですけど、実際この現場のほうが感じ取ってもらえるかなというふうには思います。

回答とやりとり
鈴木)私も参加しましたけど、絣ロードツアー。長く継続してやられて、地元に活動やられていますよね。
大城)明日明後日も清掃なんですよ。
会場)笑
大城)もう草取りとかあります。
鈴木)でもそういう積み重ねがこうやって。
大城)そうですね。この経験はすごく大きくて、本当にできることからまずやっていくことが大事かなっていう。
鈴木)もちろんあの、発信するということもあって。大事なのは来てもらうというところ、は外だけではなくて内側ですよね。身内同士で、こう、思いとかビジョンを、中で語り合うというのは大事だなと思いましたね。

質問5:新たな流通形態を考えればいいのか。製造そのものの魅力が必要なのではないか。作るものの魅力が必要なのではないか。

回答5:山本氏
魅力ですね、そうですね。魅力。やはりその、ユーザーとつながったときに、その人を、先ほどの喜ばせること繋がるのかと思うんですが、私の仕事はハサミを入れる仕事です。ですからやはり、どんな布も、皆さんが本当に魂を込めて作った布もありますが、私もそれできる。縫うということでできるんですね。その方のサイズにきっちり仕立て行くということがそれになるわけですが。そういう中で1つの事例で、はい。これはですね芭蕉布なんですが、電話がございまして、確かに喜如嘉で織ったおばぁのものであるということもわかっているし、ただ、それが亡くなったあとに出て来た。どうにかこれをしていきたいんだけども、むやみになんか小さいものに切り刻んでしまうとか、そういうことはしたくないんだ。どうかこの生地を見てくれないかということでご連絡を頂きました。そういう中で、じゃあもうこれはね流通させられない。短い。確かこれは1.5Mから2M弱だったと思います。袋物とかどう?とか言われたときに、いやいや、それではもったいない。価値を成すためにはやはり、これをなんとか頑張って帯にすると、いうところで、これは無地のところでもこれは芭蕉布の色に合わせてうちのほうで、もとは生成りのものを染めました。染めて、帯を締めたときには完全にその部分が出ないような位置を考えました。ほんとギリギリでしたけれども、そういう、一見したら芭蕉の帯を巻いているようにしか見えないという帯を、この時作り上げました。そうしたときに、やはりその魅力、織った人のそのダメになって、財布とかそういうのにって思っていたものがこういうものに作り変われるというのも魅力だと思いますし、実際これはうちで責任持ってこの生地は買い上げて、仕立て上げた状態のほうがお客様が持って行きやすいだろうということで、もう仕立て上げてしまいました。そしたらやはり、あっという間に旅立って行きました。まぁその価格設定は、さっきもお話した流通を壊さない価格設定をちゃんと設定して、これを作った経緯も、そのバックボーンを説明できるわけですね。ユーザーが近いということは。ですから、皆さんの作られたものが欲しい方に、自分のバックボーンも語れるし、そういうことも魅力につながっていきますが、喜ばせることにもつながっていくと、いうことだと思います。それと、私のとこによく相談があるのが、どうしても検査が厳しい、そういうことであの流出させないとうことになってしまったという反物があるんですが、それも訳ありということでね、怖いのは流通させたときにどこにいくかわからないと。そんなときにじゃあ私のところでハサミを入れるということはそこで流通が止まるわけだから、仕立て上りということで、これを小物にするんではなくて、着れるもの、お客様が纏えるものにして、それを僕が口頭でこういうものです、全部口頭で説明をしますし、仕立て上がったらそういうところはわからないところに入れる。もしくは織り段などでしたら、たとえば先ほど幸司さんに言ってびっくりされたんですが、すごい織り段があったらそれを見えないところにも持って行きますけど、うちはもっとやるとですね、それをお組みの見えるところに持ってくるんです。ドカーンと。その織り段をですね。そうすると、お組みの反対側が襟ですから、その襟の一番目立つところにその織り段がくるんです。そすると、他の小さい織り段をうわ前の身頃に持ってきたりします。そうすると、もう不流通、できなかったものが、付け下げになっちゃうんですよ。影絵羽にして。そうやってハサミをいれて、諦めていた布というのにも、やはりそういった技法でですね、いろいろなもの吹き込んでお客様に喜んでもらえるように頑張ると。ですから、いろんな技法を皆さん知っていただくと、そういったものを生かせる技術があるということですね。これをやはり提言して、エンドユーザーと触れ合う機会も大事だと思いますし、技術を高めて、いいもの作って、先ほどの単価とかそういったものを上げていっていただけたらなと思います。



今回のブログは以上です。

続きはまた次回。

-------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------

2018-03-04

【 南風原さんぽ:石獅子 】



近頃、ゆいまーる沖縄 本店のことを知って、めがけて来てくださるお客様に

せっかく南風原にいらっしゃるならば南風原の魅力もご紹介したい

と思うことが多々あります。

なぜなら、南風原の観光資源はまだあまり認知されておらず

少しマニアックな方の目に止まっている気がするためです。

たとえば今回ご紹介する石獅子もそうです。

知らずに集落を歩いたら気がつかない、見つけられないくらい

ひっそりと佇んでいますが

実際に見てみるとだいぶ経年変化をしていて

趣のある獅子たちです。

トップ画像の石獅子は

南風原町字本部(はえばるちょうあざもとぶ)の石獅子。


横からみると顔も頭もタッペー(平ら)。

フェンスに囲まれているので写真を撮るのがむずかしいです。


後ろ姿はよくみると、タテガミのようなものがついています。

字本部は琉球絣などの織物を織る人が多く住んでいるエリア。

坂の上のほうにある石獅子は、その丘陵から下の方=本部エリアを

見おろしているような感じです。

元は、現在の八重瀬町にあたる東風平(こちんだ)の

フィーザン(火山)に対してフーチゲーシの意図があったそうです。

字本部のタッペー石獅子を見て坂をくだっていくと

徒歩5分くらいで、お隣の字照屋の石獅子[A]に会えます。

石獅子Aと呼ばれているのは、照屋には2匹の石獅子がいるためです。

ちなみにAのほうが会いに行きやすい、住宅街の道路沿いにあります。


字本部のタッペー石獅子が結果的にはこの照屋へ向く形になったため

それに対抗するべく作られたと言われているのがこの照屋の石獅子。

正面からみると顔が大きくて威圧感がありますが


横から見ると胴体から後ろは比較的小さいです。

とにかく向いている方角に強さを表出するのが大切なのでしょうか。


後ろから見るとこんな感じです。

普段地元の方が往来する道端にひっそりと立っています。

そこから再び丘陵をのぼっていったところ、徒歩3分くらいで

照屋の石獅子[B]に会うことができます。


とても狭い坂道をのぼるので、徒歩で行きます。


見晴らしのいい高台にあります。


少しひらけた場所になっていて、石獅子の隣には

ウガンジュ(拝所・御願所)があります。

ウガンジュとは、地域の人が健康祈願や報告のために祈る場所です。

後ろからみた照屋の石獅子Bは獅子かどうかわかりづらいですね。


横から見るとこんな感じです。


斜め後ろから。

さて、今回は私嘉陽が休みの日に散歩がてら見に行った石獅子をご紹介しました。

字兼城にもいるそうですが、そちらはまた次回。

石獅子とは、かつて各集落の角や道端に置かれた厄除けです。

フーチゲーシ(風気返し・邪気返し)などと言われて

集落の安全を守っていました。

戦禍で消滅してしまったものもたくさんあったようですが

ご紹介した石獅子たちは現存している貴重な有形民俗文化財です。

今なお集落の安全を守っている石獅子、

ぜひ散歩しながらご覧になってみてください。

-------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------

2018-03-02

【 新商品のご紹介:うるまグラノーラ 】


先日、うるま市の素敵な商品たちを紹介するイベントに
ご招待いただきました。

うるま市といえばビーグ(い草)。
ゆいまーる沖縄 本店でも年末のしめ縄作りワークショップ
特にお世話になっています。

畳に使う植物で、泥染めをしなくても強度があり
虫がつきにくく、全国的に人気があるそうです。

今回ご紹介いただいて取り扱いを決めたのは
「うるまグラノーラ(urumaグラノーラ)」です。

なんと、こちらにもビーグが使われているものがあります。
それは沖縄のトロピカルフルーツのドライフルーツと
ビーグの粉末をブレンドしたグラノーラ。

甘さが凝縮されたドラゴンフルーツや、パイン、マンゴーなどが入っています。
ビーグで食物繊維も摂取できるので体に嬉しいブレンドです。

トップの写真に挙げているのは
自然栽培の島バナナと有機カカオがブレンドされたタイプ。
甘さ控えめですがしっかり味があり、食べ応えがあります。
そのままつまんでおやつにしても◎

ほかに、パリパリの伊計島産の黄金芋と県産純黒糖、
ぬちまーすを使ったタイプがあります。

どれもかわいいパッケージでギフトにもおすすめです。
沖縄らしいグラノーラ、贈り物にいかがでしょう。

--------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------


2018-02-26

ホワイトデーの贈り物

もうすぐホワイトデー。せっかく贈るなら喜ばれるものがいいですね。
ゆいまーる沖縄本店<Storage&Lab.>から女性が喜ぶギフトのご提案です。


ちょっとしたお返しには、美ら花紅茶のティーパックと奏工房のクッキー。
"ごはんのように食べたい"がモットーのクッキーは、控えめな甘さでザクザクとした食感。
紅茶は名護で農薬を一斉使わずに育てられた茶葉を使用。香り良く、ほっとしたいひと時に
ぴったりです。





体にいい食べ物にこだわる方にはうるまグラノーラがおすすめです。
できる限りオーガニックな素材、うるま市産の食材を使用しており、卵・乳製品・小麦粉を
使用していないので、アレルギーの方にも安心。
再生ガラスのぽってりとした厚みとシンプルな形が素敵な奥原ガラスの小鉢とセットなら、
朝ごはんやデザートに大活躍です。




12柄あるシマノネなら、かわいいものが好きな方にも喜んでもらえるはず。
写真はお茶入り缶、黒糖入り小箱、飴入り小箱の組み合わせ
他にもいろんな柄や組み合わせができるので、迷ったらご相談ください。




贈り物を選ぶのは大変ですが、喜ぶ顔を想像しながらだと楽しいはず。
日頃のありがとうの気持ちを込めて贈ってくださいね。



--------------------------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 西谷 --------------------


2018-02-18

ひな祭りを楽しむ

3月3日はひな祭り
雛人形を飾り、女の子のすこやかな成長を願う行事。
ちょうどこの季節に桃の花が咲くので、桃の節句という名前でも親しまれています。

ひな祭りと言えば白酒や甘酒ですが、お子様にはアルコールの入っていない甘酒を。
忠孝酒造の黒あまざけは、沖縄ならではの黒麹菌を使っていて
栄養価が高く、あっさり飲みやすい甘酒です。
ラベルのお米のような絵は、桃や桜の花びらのようにも見えて今の時期にぴったりです。






















ちらし寿司にはnifeのボウルがおすすめです。
鮮やかな白と青が具材の色を引き立てて、一段と美味しそうに見えますよ。

サイズも色々あるので、菱餅や桜餅などのデザーもnifeの器で揃えてもいいですね。

お子様のすこやかな成長のため、そして何より喜ぶ顔をみるために
飾りや料理を楽しんで、素敵なひな祭りをなさってください。

--------------------------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 西谷 --------------------



2018-02-17

【 沖縄の染物や織物のこと:琉球絣 】


ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>の在る、

沖縄県島尻郡南風原町は琉球絣の産地として知られています。

地名は「しまじりぐん、はえばるちょう」と読みます。

写真に写っているのは現在店頭にて販売中の琉球絣のハギレ。

手括(くく)り手織りで生まれた、手仕事のなせる技は

小さなハギレの世界にも十分に詰まっています。


絣(かすり)とは、糸の段階で色を染め分けて、

それらを織り込むことで模様を表す織り技法のことです。

糸をところどころ括って防染し、染め分けます。

インドから伝わってきたとされており、

沖縄に入ってきたのが14~15世紀ごろと言われています。

インドやマレーシアあたりの布のことをイカット(ikat)と

呼びますが、由来はもともと「結ぶ」とか「縛る」

という意味だそうです。

その、模様を出したい箇所を縛ったりして防染する作業も

全て手仕事なのが琉球絣の特長でもあります。


ですから、上の写真の模様が入っているところをよーく見ると

一本一本の糸そのものに色が付いていて、

模様が浮かんでいる箇所は色が付いていないことがわかると思います。

手括(くく)りによって成されるので、とても地道な作業ですが

人の気配のようなぬくもりのようなものを感じる布が生まれます。

先日、近くの琉球絣会館へ行った際に、

作業している織り手さんにお会いしました。


作業場ではちょうど糸を整経しているところでした。

整経とは、文字通り経糸(たていと)を整える作業。


織り機にセッティングする前の経糸を

細かいクシのような筬(おさ)で振り分け、

張り具合を確認しながらロールしていきます。

このとき巻いていたのは15M×4反分ということで60M。


色とりどりの糸が長く長く続いていました。

筬(おさ)はとても目の細かい櫛のような道具なのですが、

糸を振り分けること1200本だそうです。


ゆいまーる沖縄株式会社は、今年度

沖縄の染織物に関する調査を行なっています。

5月には沖縄の染織物の反物(着物用の手織り布たち)の販売も行う予定ですので

日程が決まり次第、お知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------
沖縄県島尻郡南風原町宮平652番地
------------------------------------------------ 店長 嘉陽 -----------