2020-01-18

【 お店ができた時のこと 2 】




みなさん、こんばんは。
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>店長です。


お店ができたときのことを振り返るブログをはじめました。
二通めは、南風原町という場所のことを。


みなさんは
沖縄の南風原町(はえばるちょう)といえば
何を思い浮かべるでしょう。


私が小学校のとき授業で習った記憶があるのは
「沖縄で唯一海に面していない市町村」ということ。
でも、だからどんな町?ということは教わった記憶がありません。


物件が決まった最初のころ、
私自身は南風原のことをあまりよく知りませんでした。


国道329号線が通っていることや
南風原イオンがあることくらい。
(私が高校生の時は南風原JUSCOで、
南風ジャス、とか呼んでいました)
通りにパチンコ屋さんや大型家具店などが多く
大きな商業施設がたくさんあるイメージもありました。


せっかくこの土地に新しくつながるのならば
いろいろ知りたい。
というわけで、行ける時にはいろいろめぐりました。


トップの写真は、南風原町の石獅子をめぐり
歩き回ったときの一枚。
南風原町照屋の石獅子です。

民家が続いたあと、さとうきび畑などがあって
静かな道のそばにたたずんでいます。

そしてこちらは
南風原町本部(もとぶ)の石獅子。




日常生活の中で使われている道の脇に
ひっそりと置かれています。


真横から見るとこんな感じ。




早朝、もしくは夕方の日暮れ時に
この南風原町本部あたりを歩くと
織物をしている方が綛(かせ)などを持って
歩いている姿を目にすることができます

またタイミングがよければ
糸張りをしているところが見れたり
シャーラトントン、織物を作っている音が聞こえたり。

なぜなら南風原町は「かすりの里」
と呼ばれる、伝統工芸品琉球かすりの産地だからです。
かすりロードもぜひご覧ください。


さて、お話を石獅子に戻します。




よく沖縄土産でシーサーをお選びいただきますが
そのルーツとなっているのが「石獅子」です。

最初は各家ではなく、各集落の道の角や
小高い丘の上など
集落を災厄などから守るために
山火事などがあった方角を向いて置かれたのがはじまりだそうです。


ここ南風原町はたくさんの石獅子が残っていて
今でも集落を散歩すると見つけることができます。


石獅子がたくさん、しっかりと残されている時点で
「南風原ってなんか、おもしろそう!」
と思ったのがスタートでした。


昔から、地域の人々がこうしたものを残してくれて
しかも今でも観光協会の方々を筆頭に
地元のみなさんがガイドをしていたりします。






こちらの写真は、南風原町役場で最初に見た時に撮った
「飛び安里」の翼のレプリカ。
「飛び安里」とは
人類史上初の有人飛行に成功したと言われる親子のことです。


ゆいまーる沖縄の引っ越しが確定してからは
代表取締役社長の鈴木とともに南風原町役場や
観光協会、商工会さんなどご挨拶に伺いました。


今日はここまで。。
最後までお読みいただき、ありがとうございます<(. .)>


(嘉陽)
---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel ‪098-882-6995‬
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30
---------------------------------






2020-01-13

【 お店ができた時のこと 1 】





こんばんは。
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>店長です

2019年の12月19日で
この場所ができてから4年を迎えました

あ゛!!!という間の4年なので
うまくできなかったことや
成長した軌跡みたいなもの
やっと解ってきたコンセプトを具現化するコツ

すこしずつ振り返っていこうと思い
久しぶりに書きます

最初は、建物・場所のことから




ゆいまーる沖縄株式会社は
ここ南風原町宮平に来る前は
浦添市前田にありました。
消防署の近く、伊藤園さんとの間。
今では浦添前田駅があるあたりです。

お借りしていた物件を出ることになり
那覇を中心にいろいろな場所・物件を探し回りました。

首里によさげな物件があったことも
中城村に行ってもいいかもね、
なんて話したことも

ありました。




そんな時、ご縁あって見つかったのが
今のこの、建物。

2年近く空いていたそうで
その前までは薬のあおいさんが
その前は車屋さんだったり
居酒屋さんだったりしたそうです

今は本店の場所のご説明のとき
わかりやすいように
「 真っ白い3階建の建物の1階です 」
とお伝えしているのですが
実は私たちのフロアは2階。



1階にはウォーターサーバーや
業務用の足元マット、清掃用モップなどを
展開している「とまとコーポレーション」さんが入っています




↑この写真も、今の本店の店内。


位置を説明すると
外からお店に向かった時
うちは入り口が2つあるのですが
右側の入り口のほうです。

もともと1階と2階がつながっていたので
下へ降りる階段があったのですが
ツーフロアを使うほど大きな規模ではない
ということで南新物産さんと交渉し
2階だけを貸していただけるようにお願いしました。

そうして、嬉しいことに、すぐ
1階には、とまとコーポレイションさんが入りました。

私たちも今もお世話になっていて
ウォーターサーバーやモップ
納品口に敷いている大きなマットなど
定期的にきれいにしていただいています。
台風の時などは臨機応変に対応していただき
とても助かっています。




お店は2015年12月19日に始まりました
(プレオープンは17日でした)が
お店の後ろの方にある事務所・倉庫すべての
社屋移転は11月に行っていました。


外観・内装のデザインは、
沖縄県内のさまざまな建築デザイナーさんを
お尋ねしてお話を聞いて、

最終的には3者コンペをお願いして
最終決定。
浦添市のLuftさんにお願いをしました。


施工はOMEKASHI KOJO こと、
豊見城市の大和産業さん。

電気関係は沖縄市のBanana conceptさん。

いろいろな方のお力をいただきながら
とても素敵な場所を作ることができました。


このお店の作りはじめのとき、思ったことがあります。


フロアー全体には、床にタイルが張られていたのですが
お店の箇所だけきれいにタイルを剥がしてもらいました。

なので、店内はモルタル剥き出しにして
ある程度平面になるように、
なめらかに平らに磨きを入れてもらいました。


最初の写真にある大きな肌色の袋たち
あれは全て剥がしたタイルです。

分解も溶解もできないため
産業廃棄物としてどこかへ運ばれて埋められるそう。


このお店の作りはじめのとき、思ったこと
それは
ずっと使い続けられる場所にしよう
ということ。

それから
なるべく、なるべく、自然に還る道具を使おう
ということ。

でした。

張り重ねたタイルたちが処分できず
どこか知らない土地へ持っていかれて埋められる
それは、良くない。


そう思ったけれど、
その時はどうしようもなかったので


これからこの場所で生み出されるものは
なるべく、なるべく、自然に還るもの
永く永く使われるもの
いつまでも大切にされるもの
であるように。

思う通りにできないこともあるのですが
目指すものがあるかどうか、は大事。

そんな思いです。

今日はここまで。。。
最後まで読んでくださって、ありがとうございます!


(嘉陽)
---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel ‪098-882-6995‬
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30
---------------------------------






2019-07-14

夏休みの工作に。手作りシーサーキット 【ゆいまーる沖縄 本店通信 vol.003】




こんにちは、ゆいまーる沖縄本店の松田です。
3連休の真ん中の今日はいかがでしたか?

夏休みをもうすぐ迎えるこの時期に
ご紹介したいのが「家族で作るシーサーキット」です。

赤瓦屋根をかたどったかわいい箱に
漆喰(しっくい)、手袋、瓦のカケラ、
細工用のスティックをセットでご用意しました。

漆喰は沖縄の伝統的な建築に使われる素材です。

このシーサーキットでは
実際の建築で使われるのと同じ
本物の漆喰を使用しています。

ですが作り方はシンプル!
紙粘土細工の要領で
漆喰をこねて、ちぎったり削ったりして形をつくり
乾燥させると固くなります。

そこから絵の具やペンで
好きなように絵付けしてできあがり。
(※絵付け道具はセットに含まれていません)

職人気分で芸術性を追求するのもよし、
自分好みのかわいいシーサーを作るもよし。

夏休みの宿題の工作として
お子様と一緒に作れば
きっといい思い出になりますね。

小さくても本格派のシーサーキット、
ぜひ一度お試しください。

■家族で作るシーサーキット
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/30900011?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0714

============

【今週のおススメ】

■ぽち袋(シーサーミンタマー) / シマノネ
ミンタマーとは「目玉」のこと。ドット柄の一つ一つをよく見ると、シーサーのいろんな目玉を図案化しています。帰省先でお小遣いを包む時など、一役かってくれるアイテムです。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/shi-sa-/4562129400216?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0714


■沖縄県産果物100%使用手づくりまるごとジャム / 白川ファーム
自社農場で栽培したフルーツを贅沢に使ったジャム。パンやケーキにはもちろん、この暑い時期には炭酸水で割ってフルーツドリンクにするのもおすすめ。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/4571491530001?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0714

============

【実店舗のイベント開催情報】

■タコライスだって進化する「薬膳スパイスworkshop第3弾」
自分でスパイスを調合して美味しく、ヘルシーなタコライス「スパイス」を調合するワークショップです。
https://www.facebook.com/events/2342530526015523/

■親子でスパイス絵本・スパイス手帳を作るワークショップ
スパイスを香って、触って、潰して、貼って。自分だけのスパイス絵本を作って、スパイスを身近に感じてもらえるワークショップです。
https://www.facebook.com/events/369970947204792/

■カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ
10月まで定期開催が決まっています。人気講座につき、お申込みはお早めにお願い致します。
https://www.facebook.com/events/2321473768070974/


---------- お問い合わせ先 ----------
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
営業時間 11:00-18:00
定休日  木曜
tel 098-882-6995
担当 嘉陽、儀間、松田






2019-07-07

夏に送りたいはがき 【ゆいまーる沖縄 本店通信 vol.002】




こんばんは、ゆいまーる沖縄本店の松田です。
七夕の今日、みなさんのいらっしゃる場所の天気はいかがでしたか?

七夕の伝説には織物を生業とする「織姫」が登場しますが
本日は、沖縄県宮古島の織物をモチーフにした
愛らしいデザインのはがきをご紹介します。

デザインブランド「シマノネ」と、
UDS株式会社のブランド「su+」のコラボから生まれたアイテムです。

北欧・フィンランドを拠点に活動している
デザイナー・島塚絵里さんの手による4つの柄は
凛とした雰囲気の中にも
やわらかな印象とかわいらしさがあり、
はがきとしてもらったあと、
フレームに入れて飾りたくなるほど魅力的です。

絵柄を選びながら、
あの人にはこれが合いそう、なんて考えるのも
絵柄の綺麗なはがきの楽しいところですね。

私も、シマノネのはがきと小箱を
妻の友人カップルにプレゼントしたところ
シンプルな木製のフレームをつけて、
部屋の壁に飾ってくれたということがありました。

もうすぐ暑中見舞いを送る時期。
今年のはがきのラインナップに
ぜひ加えて欲しいアイテムです。


■はがき / su+ × シマノネ
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/c/suplus_shimanone_hagaki?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0707

============

【今週のおススメ】

■クラフトペーパー / su+ × シマノネ
su+ × シマノネではクラフトペーパーも。ご用意しています。しっかりと厚みもあり、ランチョンマットとして使えば食卓に彩りをもたらしてくれます。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/c/suplus_paper?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0707

■沖縄糸満の海水塩 / 琉Q
沖縄県糸満市の沖合の海水をくみ上げ、昔ながらの製法で生まれた塩。これからの季節には熱中症対策にも活躍してくれる、大事な塩です。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/4539131200110?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0707

============

【実店舗のイベント開催情報】

■島塚絵里 Exhibition 2019 Yoton yo 夜なき夜 in Okinawa / 7月14日まで開催
https://www.facebook.com/events/323198115238262/

■カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ(10月開催分まで日程が決まっています)
https://www.facebook.com/events/2321473768070974/

============

【LINEでも情報発信しています】

まだまだ少しずつではありますが、
情報発信を続けております。
少しずつですがお友達ご登録も増えているLINE。

商品やイベントのご案内、過去の読み物のご紹介などを発信していきます。
お楽しみいただけますと嬉しいです。
どうぞ下のボタンよりお友達登録をお願い致します。

【ゆいまーる沖縄 本店 公式LINEアカウント】

友だち追加


---------- お問い合わせ先 ----------
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
営業時間 11:00-18:00
定休日  木曜
tel 098-882-6995
担当 嘉陽、儀間、松田





2019-06-30

おじーのヘチマと夏本番 【ゆいまーる沖縄 本店通信 vol.001】




こんばんは、ゆいまーる沖縄本店オンラインの松田です。

つい昨日、
沖縄地方が「梅雨明けしたとみられる」と
発表され、今日はさっそく32度を記録していました。

そんな
夏本番が目の前に来ている本日
ご紹介するのはシマノネ「一筆箋」の
「おじーのヘチマ」柄。

「ヘチマ」が夏の沖縄を代表する
食材の一つであるのをご存知でしょうか?
どこの野菜売り場でも売られるのはもちろん
自家栽培されることもごく一般的です。

シマノネのヘチマの柄名には「おじーの」と入っていますが
「おじいちゃんが育てていて、
夏になるといつもたくさんもらっていた」
という思い出のある沖縄の人は珍しくないようです。

これを書いている私も、
実家の隣にあった小さな畑で
祖父が栽培していたのをよく覚えています。

自家栽培の野菜って、
本当に自由に育つんですよね。
スーパーでみるのとは全然違って
大きさは手のひらサイズから腕の半分ぐらいまで
てんでバラバラ。
くねくね曲がったものも
多かった記憶があります。

母の手で調理されて食卓に連日並び
当たり前のように食べていたのですが
今考えると非常にありがたかったなあと思いますね。

「おじーのヘチマ」という名前は
そんな個人的な思い出と結びついていて
愛着を感じてしまうものでもあります。

明日から7月。
1週間後の7月7日は七夕です。
シマノネの一筆箋は短冊替わりに
ちょうどいいカタチなので
願い事を書いて部屋にさげてみるのも
いいかもしれません。

また、これからの夏のギフトに
ひとこと気持ちを添える時にも
もちろん活躍してくれますよ。

■一筆箋 おじーのヘチマ / シマノネ
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/pain/4562129400957?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0630

============

【今週のおススメ】

■一筆箋 パイナップル青海波 シマノネ
同じくシマノネの一筆箋には「パイナップル青海波」柄も。元気いっぱいの太陽にも見える柄で、夏にぜひ使いたい一品です。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/pain/4562129400971?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0630


■黒糖黒ごまジャム
沖縄産の地釜製造の黒糖を黒ごまペーストと混ぜただけ。そんなシンプルで滋味深いジャム。上品な甘みで毎日でも食べたい味わいです。
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/jam/4580119870047?utm_source=tsushin&utm_medium=blogger&utm_campaign=0630

============

【実店舗のイベント開催情報】

■22種のスパイスで薬膳スパイスカレーのスパイスウェアを作るワークショップ(8月開催分まで日程が決まっています)
https://www.facebook.com/events/2346527075624664/

■カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ(10月開催分まで日程が決まっています)
https://www.facebook.com/events/2321473768070974/

============

【LINEでも情報発信しています】

まだまだ少しずつではありますが、
情報発信を続けております。
少しずつですがお友達ご登録も増えているLINE。

商品やイベントのご案内、過去の読み物のご紹介などを発信していきます。
お楽しみいただけますと嬉しいです。
どうぞ下のボタンよりお友達登録をお願い致します。

【ゆいまーる沖縄 本店 公式LINEアカウント】

友だち追加


---------- お問い合わせ先 ----------
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
営業時間 11:00-18:00
定休日  木曜
tel 098-882-6995
担当 嘉陽、儀間、松田





2019-06-19

【 イベント開催告知 : カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ 】



写真の説明はありません。

イベント開催のお知らせです

カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ。
7月も開催致します。

大宜味村にて沖縄産カカオへのチャレンジをしている川合さん。
カカオのお話や、さまざまなチョコの試食まで。
毎月1度開催する大人気のワークショップです。

-------- 日程等詳細 --------
[日時]
7月8日(月) start.10:00 〜 end. 12:30

*自然災害やその他の事情により予定が変更となることがございます。ご承知おきください。

[参加費]
お一人様 3,000円
* いろいろな種類のチョコ試食付きです
* あたたかいカラキハティーがついてきます
* お子さん参加も可能ですが、小学生以上とし、大人1名の参加が必須となります。
* 子供料金は小学生は1,000円、中学生以上は大人と同じ料金にて。

[場所]
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
南風原町宮平652
国道329号線沿、宮平交差点。ほっともっと隣。

[駐車場]
店前に7台あり。
裏手に10台あり。
裏手の駐車場は、隣のほっともっととの間を通って下ったところ、右手のフェンス沿いです。不明な場合はお電話またはメッセージにて事前にお問い合わせください。

[お申し込み]
* ご予約優先となっておりますが、当日もお席があればご参加可能です。
* 予約はお電話、Facebookメッセージ、店頭にて受け付けます。
* 本イベントページにて参加ボタンを押しただけではご予約となりません。
* Facebookメッセージにてご連絡の場合は、営業日に確認の上ご返信申し上げます。
* 混み合っている場合でも、受信時間先着の方で直接連絡が取れた方から優先させていただきますので、何卒ご承知おきください。


---------- お問い合わせ先 ----------

ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
営業時間 11:00-18:00
定休日  木曜
tel 098-882-6995
担当 嘉陽、松田、儀間







2019-05-07

【イベント開催告知 : 母の日の スワッグ作りワークショップ -沖縄素材をつかって-】



画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

イベント開催のお知らせです

リビングの壁に、玄関に
鮮やかで華やかなスワッグを飾って、暮らしを彩ってみませんか

母の日に開催するスワッグ作りワークショップ。
沖縄の草木を生かした、身近な素材を暮らしに添えるワークショップです。

身近な素材を使ったスワッグ作りは、今回で終わりではなく
コツを教わったら、いつでも自分で作れるものです
立体感の出し方、バランスの作り方、色の配置などなど
與那嶺さんの瑞瑞しい感性でつくられるスワッグ作りのコツを紐解いて
みなさんに共有します

ティーとおやつをお出ししますので、のんびり気分でぜひご参加ください。
予約優先となっております。


-------- 日程等詳細 --------

[日時]
5月12日(日) *母の日開催
11:00-13:00


[参加費]
お一人様 5,500円
* 8名様まで
* 習って作る沖縄素材のスワッグ、お持ち帰り
* 沖縄のティーとおやつをお出しします

[場所]
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
南風原町宮平652
国道329号線沿、宮平交差点。ほっともっと隣。

[駐車場]
店前に7台あり。
裏手に10台あり。
裏手の駐車場は、隣のほっともっととの間を通って下ったところ、右手のフェンス沿いです。不明な場合はお電話またはメッセージにて事前にお問い合わせください。

[お申し込み]
* ご予約優先となっておりますが、お席があれば当日参加も可能です。
* 予約はお電話、Facebookメッセージ、店頭にて受け付けます。
* 本イベントページにて参加ボタンを押しただけではご予約となりませんのでご了承ください。
* Facebookメッセージにてご連絡の場合は、営業日に確認の上ご返信申し上げます。
* 混み合っている場合でも、受信時間先着の方で直接連絡が取れた方から優先させていただきますので、何卒ご承知おきください。


-------- 講師紹介 --------

與那嶺 綾子
(琉球ボタニカルガーデン/フラワースクールシエスタ)

ツアーナースを行うかたわら、ガジュマルの根や沖縄産ハーブ、季節の草花を材料にスワッグやブーケ、ハーバリウムなど暮らしを彩るものづくりとワークショップを行なっています。香りも見た目も楽しんで、身近にある素材を暮らしに取り入れ、沖縄の豊かさを存分い楽しむひとが増えたら、という思いで活動しています。


---------- お問い合わせ先 ----------
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
営業時間 11:00-18:00
定休日  木曜
tel 098-882-6995
担当 嘉陽、儀間、松田