2020-02-16

【 お店ができた時のこと 5 携わってくれた方々 】



こんにちは。
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>店長です。

お店ができたときのことを振り返り
共有するブログをはじめました。

5通めは、たくさんのお力添えを頂いた
「建築に携わる方々」のことを。

トップの写真は
建物の壁全体を真っ白に塗り替える作業が終わった直後の写真。

ペンキ屋さん・足場を組み立てる足場屋さんを始め、
木工屋さん・ガラス屋さん・電気屋さんなどなど
実にたくさんの業者さんが関わっていることを
目の当たりにしました。




工事がスタートしてからは、
こまめに現場へと足を運びました。


壁の色は
大家さんが私たちの要望を取り入れてくださって、
他の色は何も入れずにとにかく真っ白な色に


現場でいろいろな人が作業をしていて、
普段見たことがない道具がたくさん。
ペンキも、丸いペンキ缶しか見たことがなかったのですが
とにかく大量に塗るため
こんな大きな四角い缶にたくさん白いペンキが入って
でもそれもすぐ塗り終えてはどんどんなくなっていく。


当たり前かもしれませんが
見ていると面白い光景だと感じ、
作業している職人のみなさんがとってもカッコ良く見えました。




こんなに脚立がたくさんあるのも見たことない。(笑)




平たく立てかけられていた
ただの板に見えたものたちが
数十秒で作業台になったときの写真。




まだ、木枠の入り口がないとき。




作業がどんどん始まるころ、
「いろいろな人が現場に関わるので
常に現場を見ておいたほうがいい」
とアドバイスをもらいました。

なぜかというと
たくさんの人が関わっていると
どこかで伝達内容がすこしずれたり
汲み取ってもらったと思った事柄が
どこかで漏れてしまってちょっと違う、というようなことが
あったりするからです。

一度作ったものをあとで直すなんてとても大変。
非常に大きな経費がかかっているし、
この先ずっと社員たちのいる場所です。

出来る限り、私たちの希望通りに、
もしくは、私たちが気がついていない点をどんどん指摘してもらえるように
会話を増やすよう意識していました。




現場を見てちょっとでも不明な点があれば
「これはどこにつながるのですか」
「これは何の穴ですか」
「なんという素材ですか」
「ここはこういうふうにはできませんか」
など、気になることを質問していました。




「すごい道具ですね」
「こんなやり方があるんですね」
素敵だと思ったり感動したことを
現場の職人さんに伝えるのも意識していました。
私からの感謝の気持ちもあるし
この私たちの場所作りの案件について
いい仕事をしてほしい という
思いを伝えるためでもありました。


引越しのプロジェクトは
以前の居場所の整理整頓もしながらの中で
とてもバタバタと精神的にも消耗しましたが
新しい場所づくりという希望は
いろいろな人の手を取ってエネルギーをもらいながら
進めていくことができた気がしています。


さて
本日は、ここまで。。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。



(嘉陽)
---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel 098-882-6995
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30

---------------------------------












2020-02-09

【 お店ができたときのこと 4 ロゴとエレメント 】



こんにちは。
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>店長です。

お店ができたときのことを振り返り
共有するブログをはじめました。

4通めは、ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
のロゴマーク・エレメントのことを。


ゆいまーる沖縄の顔にもなっている
ガラスと木枠の入り口。

夜の方がわかりやすいのですが
ガラスに何かが描かれいるのをご存知でしょうか。

描かれているのはこれ


これは、ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>を表すマークです。

糸と糸をどこまでも長くつなげていくために
機結び(はたむすび)という結び方があるのですが
その「結びめ」をモチーフにしています。


山を描いている1本の糸と
くるんと巻きついているような1本の糸が
合わさって、あとはキュッと結べば繋がって1本の糸となる。
その直前の状態です。


ゆいまーる沖縄の「ゆい」は、結ぶ・結い(ゆい)という意味です。
そして、この場所も
アイテムとここに訪れる人はもちろんのこと
作り手同士や、訪れる人同士など
いろいろな結びつきが生まれることを願って立ち上げました。


また、ここ南風原は「織物の町」でもあり
今でも機織(はたおり)の音が聞ける町です。
機結びも、もちろん日常的に手仕事の中で行われています。


こうした意味合いを持って
「結びめ」のマーク・エレメントが生まれました。


そして
このマーク・エレメント作りの考え方やヒントを教えてくれたのがが
think of の金城博之さん。

マークのモチーフを何度も書いてくだったのが
國場陶芸の國場一さん。


國場さんは、大宜味村の共同登り窯で
やちむんを制作している職人さんです。

赤絵の技法を得意とし、伝統的な作りのやちむんを
長年作り続けています。


こうしてパートナー的存在の皆さんからもお力添えをいただきながら
社内でも何度も話し合ったり、すこしずつディテールを整えたりして
ロゴ・エレメントが完成しました。


本日は、ここまで。。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

(嘉陽)
---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel 098-882-6995
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30

---------------------------------




2020-02-02

【 お店ができた時のこと 3 場所の名前のこと 】




こんばんは。
ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>店長です。

お店ができたときのことを振り返り
共有するブログをはじめました。

3通めは、ゆいまーる沖縄 本店<Storage & Lab.>
というこの場所の名前のことを。


ゆいまーる沖縄株式会社の
社屋移転に伴ってスタートすることになった本店。

移転のプロジェクトがスタートするにあたり
社員の定例ミーティングもスタートしました。

通常の業務が終わったあとの、夜のミーティング。
ハードな日々でしたが
未来のことをみんなで話し合う時間は充実していて
いろいろな考えや意見が飛び交ったのを覚えています。

ホワイトボードが真っ黒になるくらいアイディアで埋め尽くされたり
時間が足りなくてみんなで夜食のピザを食べながら話したり。

今では懐かしい思い出。

新しくできる直営店の名前については
最初、いろいろな案が出ました。

ひと息つける場所にしたいからイーチ
人と人とのつながりを生み出す(織りなす)場所としてオリナス
とか、、





とにかくいろいろな案が出たけれど
私たちゆいまーる沖縄が直営店を持つ意味とは何だろう?と。

今まで卸売業がメインだったけれど
直接伝える場所になること。

そして、沖縄の価値創造のために
いろいろなことを試し、取り組んでみる場所にすること。

ゆいまーる沖縄株式会社の活動全体が垣間見えるような場所になること。



おおよそ、そんな大きな柱を持って
自分たちで確かめていくと
名前には、新しい言葉ではなく、
私たちの活動そのものでもある「ゆいまーる沖縄」
を入れるべきだ、ということになりました。


そして、いろいろな取り組みができるようにと
ストレージアンドラボの文言をサブ的に足したのです。


名前が決まって、その後に生まれた
ステイトメントがこちら



現在では、倉庫と店内を隔てる透明ガラスの壁に
ステイトメントが記されていますが
オープン当初、黒板に手書きで書いていました。


日々の生活をいつもより少し楽しく
豊かな気持ちにしてくれるモノ。
琉球・沖縄で生まれ育まれた
本質的で普遍的ななにかを教えてくれるモノ。
そんな良い品の背景や想い、
暮らしへの取り入れ方などを見つける場所が
ゆいまーる沖縄 本店です。


(嘉陽)
---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel ‪098-882-6995‬
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30
---------------------------------








2020-01-25

「首里城再建に関わる 1」

【首里城再建の年明け、今だから、知って、感じて、繋いでいく】


初めまして、
ゆいまーる沖縄 スタッフのミゾロです。
沖縄へ移住、ゆいまーる沖縄に入職してようやく1年が経ちました。
仕事を通じて、沖縄の歴史や文化、工芸など多くの事を日々学んでいます。




さて、今回2020年、年始め
ゆいまーる沖縄では、
昨年10月31日に起きた、首里城の火災を受け、

改めて「首里城とは何なのか」  
「首里城の歴史やこれまでの役割」
を知るイベントを開催しました。




琉球歴史案内人として、ラジオやテレビで引っ張りだこの
賀数仁然さんをお招きし、ご講演して頂きました。




首里城火災の被害状況や、現状、
火災後、なんとも言い表せない喪失感が県民の心に生まれ、
どうしてここまで、この地に住む人々の心を掴んでいるのか・・・
歴史を紐解く所から話は始まります。







琉球王朝がどの様な国で、どの様に繁栄してきたのか
沢山の貴重なスライド写真と共に、
笑いを交えながら、分かりやすくお話して頂きました。




歴史上の人物達を「◯◯先輩」と話す賀数さんのトークは
先人達と、現代に生きる私達を、
より身近な存在として近づけてくれました。







「海に囲まれた小さな国、金属の採れない国が、ここまで繁栄すること自体が奇跡だった」
と何度も繰り返す賀数さん。

小さく、資源のない国だからこそ、
他国に敵を作らず、独自のコミュニケーションで絆を深めながら、
交友関係を結んできた背景を知ります。

また「レキオ グランデ(偉大なる琉球)」と呼ばれるほど、
他国からも一目を置かれる存在であった事も分かりました。










ゆいまーる沖縄で働く私にとって、
この沖縄の地で、様々な工芸品が生み出されてきた歴史のお話は、
とても興味深い内容でした。



世界最古の工芸品「釣り針」が沖縄で発見された事や、



琉球王朝時代には交易が盛んに行われており、万国の様々な珍しい品が行き来していた事や、
紅型のルーツとなった「インド更紗」の話など・・・

琉球は、他国の文化をうまく受け入れ、独自の形にカスタマイズしていく、
知恵と技術に長けていた様です。






そして話は戦後へ、
焼け野原となり、多くの人の命が犠牲となった沖縄戦。

全てを失い、厳しい状況下の時にこそ、
自分達の根っこをみつめ、しなやかに復活を遂げてきた戦後、沖縄の歴史を振り返りました。



戦争で焼失してしまった首里城。
漆、赤瓦、飾りの陶器・・・・
沢山の職人さんの想いと技術の結晶であり、沖縄最大の総合芸術でもありました。


全てを失った時だからこそ、
琉球の誇れる「紅の城」を再建させたい想いは大きくなり、
戦後、うちなんちゅの心を結んできた大きな存在こそが、
「首里城」だったのかもしれません。








今回のイベントには162名もの方々に参加して頂きました。
参加にあたり、事前、終了後のアンケートを実施させて頂き、
たくさんの方にご回答頂きました。 本当にありがとうございました。

 
参加者の皆さんのアンケートに目を通させていただいたり、
参加してくださった方や、スタッフとも後日、意見を交換する機会もありました。


それぞれの感じたことを共有し、考え、
自分にできる事を少しずつでも形にしていく事がとても大事だと感じました。





これから長く続く、首里城再建に向けて、ゆいまーる沖縄は、

今後も、継続的に首里城再建に向けた取り組み、イベントを開催していきたいと考えています。






また、今回のトークイベントの参加費、販売していた商品の売上の一部は

「首里城美術工芸品収集復元チャリティー」へ寄付致します。(2月予定)






首里城正殿や龍頭棟飾をモチーフとした「紅型工房染虫のマース袋」






首里城の表情をあらゆる方向から見つめ描かれた 「あんぱくさんの絵葉書」







いしみね工房さんの「守礼門コースター」






こちらの3つの商品に関しては、
継続的にチャリティー商品として、ゆいまーる沖縄本店、オンラインショップ、
空港店Dear Okinawa,にて販売しております。

http://www.yuimarluokinawaweb.jp/fs/yuimarluweb/bingatacoaster



今後、首里城に関するイベントなどの情報も、こちらでお伝えできれば、と思います。




最後までお読み頂きありがとうございました。



(ミゾロ)





---------------------------------
店舗情報
---------------------------------
ゆいまーる沖縄 本店 < Storage & Lab. >
http://www.yuimarluokinawaweb.jp/
島尻郡南風原町宮平652
tel ‪098-882-6995‬
営業時間 11:00-18:00
定休日 木曜日
---------------------------------
那覇空港店 Dear Okinawa,
https://dearokinawa.com/
那覇市鏡水150番地
那覇空港 新連結ターミナルビル2F
営業時間 7:00-20:30
---------------------------------